ホーム

 トピックス

先日の夏まつりは、子ども達と楽しいひとときをお過ごし頂けたでしょうか?コロナ禍のなか、これまで我慢することの多かった子ども達が大好きな夏まつりを開催することが出来て本当によかったと思います。小学生や中学生と一緒にくじびきやゲ-ムなどを楽しむ子ども達の笑顔をたくさん見れて嬉しかったです。とても賑やかな夏まつりになりました。保護者の皆様にはゲ-ムや出店の手伝い大変お世話になりました。ありがとうございました。『大暑』も過ぎ、1年で最も暑い季節を迎えています。園では水遊び、プール遊びの真っ盛りです。子供たちは日焼けした笑顔を見せて元気一杯!熱中症及び食中毒等健康管理には十分心がけ、たくましく成長できる環境を作っていきたいと思います。
子育て支援センター

子育て支援センタ-≪とびっこ広場≫ 子育て相談及び保育園の開放を行っております。 開所時間は、月曜日~土曜日の10:00~14:00まで。 ただし、水曜日のみ10:00~15:00まで。 保育園の開放(見学)につきましては、開所時間に関係なくご利用可能です。 給食体験は、予約制になります。事前のお申込みが必要です。 ご利用予定日の前日正午までにご連絡をお願いします。 

とびっこ広場 2022/08月号  

ご利用可能な特別保育
     
一時預かり保育
一時預かり保育事業を行っております。ぜひご利用ください。 「用事を済ませたい」、「病院や美容院に行きたい」、「急に仕事が入った」、 「リフレッシュしたい」など理由を問わず、一時的にお子様をお預かりします。 月~土曜日 8:00~18:00 料金一律   1500円/1日 (900円/半日) ※わからないこと、聞きたいことがございましたらお問い合わせください。

今月の予定
3日 食育学習会
4日 水泳教室
6日まで プール指導
13日 飛子地区盆踊り大会(中止の可能性有)
15・16日 お盆
18日 水泳教室
22日 身体測定
23日 お誕生会・お店屋さんごっこ
27日 学童雲仙登山 お弁当の日
☆8/11、14、15、16、21日の休日保育の申し込みは5日までにお願いします。
☆8/27(土)に保護者役員会を行います。議題は、運動会(10/2予定)と秋のバス遠足などについてです。
☆昨年3月に完成した保育園園舎が2021第15回九州賞(特別賞)を日本建築学会から授与されました。

 お願い 
睡眠不足や朝ごはんを十分食べていない子どもが見受けられます。生活リズムを整え、1日を元気にスタ-トできるようにご家庭での指導をお願いします。 新型コロナウイルスと向き合う生活も既に2年半を超えました。そして今もBA.5という新たな変異株は感染力が強く想定を超えた新規感染者が発生しています。 しかし、1年、2年前と同じことを繰り返す時ではないとも思っています。感染拡大防止と社会経済活動の両方を維持していくこと、子ども達にとっても今しか経験できない、今経験しなければならない活動を続けることが大切だと思います。自宅での体調及び体温チェック(兄姉を含む)発熱時の連絡をお願いします。!

 8月生まれのおともだち 
 まつしま ひなさん (5さい) 絵画コンクール 

受賞! ≪歯・口の健康図画コンク-ル≫の発表があり、 優秀賞に笹田芽吹くんの作品が選ばれました。おめでとうございます!
★優秀賞 笹田 芽吹くん
今月のお知らせ
さくらぐみ
 先月の夏まつりではたくさんの観客の中、堂々とした琉球太鼓の演技を見せてくれました。カラオケも年長児がリ-ダ-となり楽しく歌うことが出来ました。学習活動ではひらがなを書く練習に入り、年中児は形や動きを覚えながら書ける喜びを味わっています。今月の前半は夏ならではのプ-ル遊びをおもいきり楽しみ、後半は運動会に向けての練習もはじめて行こうと思います。


ももぐみ
 先月は夏まつりやスイカ割、水あそびなど夏ならではの行事や活動に楽しんで参加しました。水あそびでは元気いっぱい走りまわり、お友達と水をかけ合ったり、ジュ-ス屋さんごっこをしたりして伸び伸びと楽しむことができました。今月も引きつづきプ-ル遊びを楽しみながら水分補給、休息をしっかりととり、暑い夏も毎日元気に過ごしていきたいと思います。

 うめぐみ
 夏本番の暑さに負けず、しゃぼん玉遊び、水遊びに夢中です。顔に水がかかるのかちょっぴり怖かったお友達もだんだん慣れてきて、魚を水に浮かべたり、ジョ-ロやバケツから水を出したりしながらキャッキャッとはしゃぐ声が響いています。たくさん遊んでいっぱい食べて、そしてしっかりと休息をとりながら、身体の変化に気をつけて保育していきます。


園長からの一言
 『保育園、行きたくない?』
 送迎時『行きたくない!』と時々甘える子どもがいます。登園を嫌がる理由の一つに『おかあさんと一緒にいたい!』という気持ちがあると思いますが、離れる瞬間に特に寂しさを感じて、泣き出してしまったりします。そんな時きっとおかあさんは、仕事に行くのも憂鬱になってしまうでしょう・・・。
子ども達は、『おかあさんと離れたくない!』けど保育園は楽しい場所、だとわかっています。おかあさんと別れる寂しさを取り除くために、子どもが大好きなおもちゃを持たせて『今日は一緒に行こう』とおもちゃが話しているかのように演じてみたり(おもちゃを持っていくことは恥ずかしいことだと少しずつわかってきます)、『今日はお友達と何して遊ぶの』『お昼ご飯は大好きな卵だよ』などワクワクするように声をかけてみて下さい。『後で何か買ってあげるから』ともので釣るのはもちろん良くありません。今日も楽しく過ごせるから大丈夫と思わせることが出来たらOKです。ここでお菓子をあげてしまうと『嫌がれば食べられる!』と思うので控えるようにして下さい。子どもの前で『行きたくないと言っている!』と伝えると子どものプライドが傷ついてしまうのでこれもよくありません。今の時期は自立と甘えが混在するため、特別な事柄がなくても、ぐずぐずしてしまうことがあります。特に理由がなさそうなときは、少し早起きをして、しっかり甘えられる時間を持ってください。抱きしめることは、ときとして言葉よりもずっと愛情を上手に伝えられます。
今回の例えは小さい事かもしれませんが、そういった家庭での教育の役割、親の生き方、それを子ども達にどう伝えていくかはとても大事なことです。子ども達に時間はかかっても正しく伝えていくことの大切さと責任を思います。

連絡先: 〒854-0503 雲仙市小浜町飛子1883-1 
TEL:0957-74-9056 FAX:0957-74-9053