ホーム

トピックス
 園舎新築工事も本格的に始まりました。皆さま方には騒音や車輌の出入り等、大変ご迷惑をおかけしております。どうかもうしばらくのご協力をお願い致します。8月は35度以上の猛暑日が多く、プ-ル遊び以外は室内での活動が多くなりましたが、月の後半に入ると朝夕いくらか暑さも和らいできたようです。暑い中でも子ども達は元気一杯、プール遊び、ミニ夏まつりなど季節の行事を通してしっかり夏を満喫し、日焼けした笑顔をたくさん見せてくれました。この夏で一回り成長したように感じます。今月も新型コロナ対策をしっかり取りながら、一つでも多く今しか出来ない体験を日々の保育の中に組取り入れていきたいと考えています。たくましく成長していく姿を保護者の皆さまと共に共有していきたいと思います。ご協力よろしくお願い致します。
詳細は
とびっこ広場 2020/9月号   
ご利用可能な特別保育

今月の予定
4日 水泳教室
7日 交通指導
9日 食育学習会
17日 グル-プホ-ムクベレ様敬老会訪問
(外で琉球太鼓を披露させていただきます)
18日 水泳教室・お弁当の日
19日 身体測定
24日 お誕生会
27日 北串小学校運動会             
(来年は1年生のみの参加)
10/4日 小浜小 10/25千々石小運動会
☆10月10日(土)に園児と学童さん一緒に遠足を計画しています。場所は西有家町のみそ五郎公園です。当日はお弁当、水筒、おやつの準備をお願いします。踊ったりゲ-ムをして『秋』を楽しみたいと思います。親子バス遠足は中止とさせていただきます。
おしらせ
 おしらせ
☆今年度のお遊戯会は12月6日(日)に開催予定です。工事の進捗状況によっては駐車スペ-スが取れるかが心配ですが、感染症の流行期と旧園舎の解体、園庭の整備期間を考慮し例年に比べると少し早い開催になります。旧園舎での最後の行事です。皆さまのお越しをお待ちしています。
☆小学校の運動会での琉球太鼓披露とちびっこ防火大会は、新型コロナの影響で小学校及び県央消防署から参加自粛依頼と中止の連絡が来ています。
◎令和2年度目標 『笑顔が一番!』
絵画コンクール
  
★第19回ドコモ未来ミュ-ジアム絵画コンク-ル(年少児~)に久しぶりに取り組んでいます。テ-マは『僕たち私たちの未来のくらし』です。子ども達が描く未来はいったいどんな世界だろう?好きな事を自由に描いてほしいと思います。
★第32回全国水辺の風景画コンテスト(2歳児~)には初めての挑戦です。自然との触れ合いから思い出に残る体験を絵に表現してほしいと思います。
どちらも9月締切り11月発表予定です。

松島妃来さん ☆パパとお舟に乗ったよ☆
馬渡碧沙くん ☆海は広いな大きいな☆
藤本一芯くん ☆海でたくさん泳いだよ☆
今月のおしらせ 
さくらぐみ
    先月の前半は水・プ-ル遊びをおもいきり楽しむことができていました。水が苦手だった園児も水泳教室を通して楽しさに変わり、自ら顔をつけたりする姿を見せてくれました。又、本格的に始まった園舎工事の様子にも興味津々で重機の動きに歓声を上げながら見学しています。今月は気温に合わせてお散歩などの戸外活動を行い、いろんな景色物を見て観察力を身につけ年度後半の絵画活動に生かしていこうと思います。

うめぐみ
  先月は思いきり水遊び・プ-ル遊びを楽しんだうめ組さん。小さいプ-ルや大きいプ-ルでワニさん泳ぎに挑戦したりフラフ-プくぐりを楽しんだりと『夏』を満喫することができました。トイレトレ-ニングにも意欲的で成功した時はみんなで喜び合い少しずつ自信が持てるようになってきました。今月も引き続きトレ-ニングを行い成功体験をたくさん積ませていきたいと思います。まだまだ暑い日が続きますので体調管理をしっかり行い水分補給をこまめにしながら健康に過ごせるようにしていきたいと思います。。
7お誕生日おめでとう
まつやま いっとくん (2さい)
園長からの一言
【いま出来ること】
 新型コロナウイルス感染症は、私達の日常をあっという間に奪い去りました。人との結びつきを奪い、目標や夢さえも奪い去ろうとしています。感染者へのいじめや誹謗中傷などの社会が分断されていく情報、先の見えない不安は、大人に依存している子ども達に少しずつ確実にストレスを感じさせています。
保育園においても色々なイベントや行事が中止になる中で、無気力な環境にならないように、大人として子ども達に今しか出来ない経験をどんな形で伝えることができるのか、今出来ることを考え実行し、子ども達が心技体を磨き続ける、その日々の積み重ねが苦しい時こそ前向きな行動となって表現できるように…、きっと乗り越えた先には、人や社会とのつながり、感謝や幸せを強く感じる生活が待っているはずです。
以前書いたことがありますが、≪ブレイクスル-(行き詰まりの状態を打開する力、前進する力)≫という言葉、最近特に耳にするようになりました。大切なのはベストを出すために最善を尽くす事だと思います。子ども達の未来を支えるためにできる事を一つでも多く残していく事!を思い続けて、みなさんと一緒に子ども達の無邪気な笑顔に力をもらいながら一歩ずつ前に進んで行きます。コロナ渦の中、日々自問自答を繰り返し、私たちの仕事の意義を考えています。
連絡先:
〒854-0503 雲仙市小浜町飛子1883-1 
TEL:0957-74-9056 FAX:0957-74-9053