ホーム

 トピックス

 8月前半は35度以上の猛暑日が多く、プ-ル遊び以外は室内での活動が多くなりましたが、月の後半に入ると朝夕いくらか暑さも和らいできたようです。3月以降発生していなかった新型コロナが、お盆前に発生し、感染力の強さと感染対策の限界を感じることになりました。それでも発生から2週間で元気いっぱいの子ども達が顔をそろえ、水遊びや外遊びを通して日焼けした笑顔をたくさん見せてくれました。今月は、運動会が近づいてきます。これからの練習を通して『みんなで力を合わせる事』『最後まであきらめない強い心』を学び感じ取っていきます。楽しい中に時に厳しく、運動会に向けての活動を通してたくましく成長していく姿を保護者の皆さまと共に支えていきたいと思います。ご協力よろしくお願い致します。 

子育て支援センター

子育て支援センタ-≪とびっこ広場≫ 子育て相談及び保育園の開放を行っております。 開所時間は、月曜日~土曜日の10:00~14:00まで。 ただし、水曜日のみ10:00~15:00まで。 保育園の開放(見学)につきましては、開所時間に関係なくご利用可能です。 給食体験は、予約制になります。事前のお申込みが必要です。 ご利用予定日の前日正午までにご連絡をお願いします。 

とびっこ広場 2022/09月号  

ご利用可能な特別保育
     
一時預かり保育
一時預かり保育事業を行っております。ぜひご利用ください。 「用事を済ませたい」、「病院や美容院に行きたい」、「急に仕事が入った」、 「リフレッシュしたい」など理由を問わず、一時的にお子様をお預かりします。 月~土曜日 8:00~18:00 料金一律   1500円/1日 (900円/半日) ※わからないこと、聞きたいことがございましたらお問い合わせください。

今月の予定
1日 水泳教室
5日 交通指導
7日 食育学習会
15日 水泳教室
20日 お誕生会
21日 身体測定 
22日 予行演習、お弁当の日
25日 北串小運動会
☆今月の上旬~中旬にグル-プホ-ムクベレ様に敬老会訪問を予定しています。
☆運動会を10月2日(日)9時30分より開催致します。雨天の場合9日(日)に順延します。
秋のバス遠足については10月22日(土)を予定しています。ただし感染状況によっては園児、学童のみの参加で計画させて頂きます。
☆先月27日に『運動会について』保護者役員会を行いました。詳細は後日ご連絡致します。


 おしらせ 
☆運動会の準備の為1日(土)は12時30分までのお預かりになります。さくら、もも組の保護者の皆さんは、親子競技『バル-ンに挑戦』の練習を行います。終了は、1時頃になると思います。給食は通常通りです。ご協力宜しくお願い致します。 ☆下旬に予定されていた、ちびっこ防火大会はコロナ感染拡大防止の為中止になりました。

 9月生まれのおともだち 
 まつやまいっとくん (4さい)
 絵画コンクール 

★第30回世界こども図画コンテスト(JAグル-プ主催)に学童さんが取り組んでいます。このコンテストは、身の回りの豊かな自然や農業の大切さ、そこで生きる人の素晴らしさを伝えていくことを目的として開催されています。
夏休み期間中に完成した作品の一部を紹介します。10月下旬に1次審査会、11月上旬に2次審査会が開催される予定です。


今月のお知らせ
さくらぐみ
 先月は天気にも恵まれ、水・プ-ル遊びをおもいきり楽しむことが出来ました。それぞれが自ら顔つけやプ-ルの中にもぐることができるようになり、子ども達の成長が見られました。今月は運動会に向けての練習を始めていきます。マ-チング鼓隊や遊戯、リレ-など仲間意識を高めながら、一致団結して頑張ります。


ももぐみ
 先月は暑さに負けず元気いっぱい水遊び・プ-ル遊びを楽しみました。初めての大きなプ-ルも怖がることなく、水をかけ合ったり、ワニさん泳ぎで鬼ごっこをしたりみんなで仲良く遊びました。自分たちで着替えを行い脱いだ服は丁寧にたたんで片付けることが出来るようになりました。今月は10月の運動会に向けて練習を行います。出番も増え初めてのマ-チング鼓隊にも挑戦します。さくら組さんをお手本に持ち前のもも組パワ-で頑張ります。

 うめぐみ
 先月は水遊びやプ-ル遊びで頭の上から足の先まで水の心地よさを感じながら楽しい時間を過ごすことが出来ました。初めのうちはしぶきが顔にかかると驚いた表情を見せていた子ども達も笑顔で水を拭くことが出来るようになり、一回り成長したように感じました。暑さもだいぶ和らいで時折涼しい風を感じるようになりました。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、健康管理に気をつけながら存分に体を動かして遊び、運動会に向けて練習していきたいと思います。



園長からの一言
 【小さな積み重ね】
新型コロナウイルス感染症は、発生から3年近く経った今も高止まりの状態が続いています。研究者や現場の医師達の願いは叶わず治療薬承認も見送られました。好転する材料もなく…、結局私達は感染拡大防止を優先した生活に追われています。
私達の日常をあっという間に奪い去ったコロナウイルスは人との結びつきを奪ったままです。(私も3年以上子どもの顔を見ていません)さらに若い世代の目標や夢さえも奪い人生を変えてしまいました。一部、感染者や病院、施設に対して誹謗中傷などの関係性を分断させていく言動もあるとのこと、大人にとっても先の見えてこない不安は、大人に依存している子ども達に少しずつ確実にストレスを感じさせています。
保育園での取り組みや行事については、発生当初から対策を打ちながら出来るだけ行う方向で進めています。やっぱり小さな嬉しい経験の積み重ねが身体機能の発達へ繋がっていきます。大人として、この時期に伸びる力を十分発揮できる環境づくりや働きかけをすることで、達成感を感じられるようにすること、『楽しい!』、『がんばった!』そう思える経験を、こういう時だからこそ特に守っていきたいと思っています。
きっと乗り越えた先には、人や社会とのつながりに感謝や幸せを強く感じる生活が待っています。過酷な状況が続いている今、みなさんと一緒に子ども達の無邪気な笑顔に力をもらいながら一歩ずつ前に!コロナ渦の中、私たちは何が出来るのか?日々自問自答を繰り返し、大人のあるべき姿と保育園の意義を考えています
連絡先: 〒854-0503 雲仙市小浜町飛子1883-1 
TEL:0957-74-9056 FAX:0957-74-9053